サナフミのラーニングジャーナル

実践からの学びをまとめています

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

【茶道】重みを感じる

同じ所作であっても、行う人によって重さが違う 今日は、箱のお手前を引き継ぐ。師のお手前を拝見し、自らがお手前をする。当然一度見ただけでできるわけがないが、それでも精一杯真似をして、再現することに挑戦した。 普段の稽古で、師のお手前を見ること…

【茶道】支点を見出す

自然体で最大限の力を発揮するために、支点を見出す。 本日も、茶の湯の稽古で感じたことを書き記したい。 風炉のお手前では、柄杓を釜に置く場面がある。そこから湯を汲み、茶碗へ注ぐ。今日は、柄杓を握り、湯を汲んだその瞬間、いつもより重みを感じた。…

【茶道】放物線を描く

見えない軌道が見えると、目の前の動作が変わる 本日、茶の湯の稽古での気づきがあったので、感じたことを残したいと思い、筆をとる。 早いもので風炉の季節である。茶の湯には「炉」と「風炉」があり、「炉」は11月から4月のお手前であり、「風炉」は5月…